ココロ コノオト アイノウタver2

黄鯖でGvだけ活動している桃策のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

確認は大事です

人の勘違いとは悲しいもので、まだ大丈夫だと思って食べた食料品がよく見たら1年前に賞味期限切れだったなんてのはよくある話で、・・・え?ない?そんなことないはずです。


以前バイトでダンス会場の案内業務をやったときのお話を少し。



その会場では席が自由席と指定席に別れていて、案内していたお客さんの指定席に既に別のお客さんが座っていた(自由席のお客さんが人がいない指定席に無断で座っているのはよくある話)ので、どいて貰おうとしたのですが、お酒が入っているらしく(なぜか会場は飲食自由なのでこれもよくある話)、なかなか動くのに手間取っていると、後ろの熱心なお客さんがこの方に向かって、



「見えないでしょ座ってよっ」

とまぁ周りに響くぐらいのかなりの大声で叫ばれてまして、その場は悪いと思ったのか座ったこのお客さん。




しかし唐突に

お客さん「君?名前はなんていうの?」


と私に向かって聞いてきまして、不意打ちだったのでぽかーんとしていると、私がつけていたバイトの名表(たまにスタッフの人が胸ポケットとかに付けてるアレ)をみて、

お客さん「ああ、シ○ズ・オ○ト君ね。あとで係員に文句言ってくるから。」

とまぁ、言ってくる始末。どう考えても自由席のチケットなのに指定席に座っていたあなたが悪いなんてお客商売の我々には言えるはずもなく、チーフを呼んで解決してもらいました。

が、


お客様。


それは社名でございます。



第一たかだか派遣のバイト君一人ずつに名前の書いたプレートなんて渡しませんよ会社はε-(´-` )




え~今回はすでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、新実装MAP「モリネル6F」に出来ているPTについて宣伝がてら書こうと思います。まだご存じない方も参考程度に斜め左上の視線でお読みください(ぇ


そんなわけで特集です。


[471]D09_S01_F06_rmd


なかなかモリ6MAPクエだけじゃMAPが見えませんが、全体図はこんな感じです。PTは赤の丸で囲んだ部分で狩りをします。

拡大してメンバの動きを書き入れますと

mori61.jpg

こんな感じ。画質オソロシイのは仕様なんです許してくださいなんですっ><
・・・キャラ間違えましたけど引くのは禁止です


基本的には緑色の部分にPTメンバがいて、釣り2名↑が青とオレンジのルートをぐるぐる回りながら敵を釣る手法を取っています。


で実際の図がこちら
RedStone 08.08.01[01]


 PTが一緒だったんで秋さんも映ってます。↑図の緑のところで範囲が待ち構えて打ちこんでる図。
 WIZさん的にいうと、火抵抗アリエナイ高くて、水も微妙とのことらしく、地震が有効なようです。そんなわけでかなりの確率で画面が揺れに揺れるので慣れてない人はゲーム酔いするかも?
 経験値はほぼ適正、知恵450程度のものとして考えてください。大体私で時給3000マソ程度でしょうかね。

画面の壁沿いに座ってる方々は待ちの人です。基本的に現地待ちに自然になりました。


そして。
mori63.jpg
770分おきに当社比1.5倍の巨大ロボがぬくっとでてきます。多分ドットが荒く見えるのはそのまま拡大したからじゃなくて何らかの一万二千枚の特殊装甲をまとってるのでしょう。


んでここから余談なわけですが


普段天使という同職をあまりみないのですけど先日この狩り場で
RedStone 08.08.05[30]

久々に同職と同じPTになり、久方ぶりに天使談話ができました。
・・・って鎧同じで名前隠すと見分けつきませんね・・・


彼の方はジャッチをメインに戦っていたらしく、戦闘になると

RedStone 08.08.05[32]

これどこのエ○ァ?とても煌びやか。なかなかない光景だったので話題にさせて頂きました。

mori64.jpg
青が天使様、オレンジが他メンバです。
こういう人間関係は広げていきたいものですね。

| りげる | 14:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。